ポリナビ(青年部)

ポリナビとは

「Politic Navigators’ Network(ポリナビの正式名称)」の略です。
「政治」「政策」の学びを通して、自分たちにできることを模索し、日本の保健医療福祉を今よりステキなものにすることを目指す20歳代の日本看護連盟会員を中心とした集まりです。

埼玉県看護連盟青年部の紹介

青年部は現在10名で活動しています。毎月1回の会議を通して、活発な意見交換を行い、様々な活動の企画運営をしています。メンバー同士は仲が良く、また日常では出会う機会がないこともあり、お互いに話し合うことで良い刺激となっています。
平成29年8月に行われた研修会「働き方を考えようin小手指」では、青年部が議員や参加者と自然体で対話し、笑顔の多い効果的な研修会となりました。当日の様子はこちらです。

ポリナビワークショップ

昨年11月19日に第8回ポリナビワークショップin埼玉「No Life No Communication~ディズニーに学ぶ楽しい職場環境~」を開催しました。当日の様子はこちらのページをご覧ください。
第9回ポリナビワークショップは下記のとおり開催いたします。

第9回ポリナビワークショップ in 埼玉
「Code of The Nurse~よりよい環境で働くためには~」
日時 平成29年11月25日(土)
会場 ラフレさいたま 欅の間
対象 看護職・看護学生
講師 皮膚排泄ケア認定看護師:小林 郁美 氏
精神看護専門看護師:大賀 公子 氏
がん専門看護師:多田 真佐子 氏
参加費 無料

出張ポリナビ

会員施設へ出向き、出張ポリナビを行っています。グループワークを通じて看護現場に必要な政策を考え、政治の必要性を知っていただくものです。最近では各支部からの依頼により、研修を行う機会も増えたことで少しずつポリナビの知名度も広がったように感じます。