看護職として、子ども虐待防止にどう関わっていくか

埼玉県看護協会・埼玉県看護連盟 共催

※非会員の方もお申込みいただけます。ぜひご参加ください。

日時 2019年9月14日(土)
13:30~16:30 (受付13:00~)
会場 埼玉県看護協会研修センター 八木ホール
(JR川越線「西大宮駅」北口下車)
ねらい 子ども虐待防止に対する看護現場、地域の取り組みを共有し、切れ目のない子育て支援を推進する
参加費 無料
基調講演1「子ども虐待防止:医師・研究者の立場から」
講師 日本こども虐待防止学会 理事長 奥山 眞紀子 氏
基調講演2「子ども虐待防止:事例から学ぶ」
講師 武蔵野大学看護学部 教授 中板 育美 氏
シンポジウム「子ども虐待防止に、看護職としてどう取り組んでいるか」
座長 武蔵野大学看護学部  教授 中板 育美 氏
シンポジスト 「子ども虐待防止:国の取り組み」
看護職国会議員 衆議院議員 木村 やよい 氏
「子ども虐待防止:保健センターの取り組み」
狭山市保健センター 保健師 渡邉 優子 氏
「子ども虐待防止:病棟外来一元化における継続的支援」
春日部市立医療センター 助産師 海老原 淳子 氏
「院内『小児虐待対応チーム』の活動」
埼玉県立小児医療センター
小児看護専門看護師 近藤 美和子 氏
地域としての活動:子育てと介護の悩みを同時に話せる場「ダブルケアカフェ@あいぱれっと」
地域包括支援センター かさい医院
社会福祉士 小林 誠 氏
申込方法 専用申込用紙に必要事項を記入してFAXまたは郵送してください(申込用紙はこちら)
申込締切 2019年8月29日(木) 必着