ごあいさつ

 「新年のごあいさつ」

あけましておめでとうございます。

会員の皆様には、健やかに新年をお迎えのことと心からお慶び申しあげます。

平成として最後の新年、私は皇居の一般参賀に参加いたしました。約15万人余りのうねりの中に身を置いてみましたが、意外なことに外国からの方や若者が多いと感じました。天皇陛下のお出ましには「ありがとうございました」と心から感謝の言葉を述べる方、万歳三唱の方など、参加者それぞれが自分の気持ちを声に出しておりました。

さて、昨年6月に成立した働き方改革関連法が、今年4月から施行されます。「協会ニュース11月号」には「時間外労働の罰則付き上限規制導入」「年次有給休暇の年5日取得義務付け」「勤務間インターバル制度の普及促進」など詳細が解説されております。導入には様々な困難が伴うことでしょうが、働き方改革は「働く人々の健康を確保し、多様で柔軟な働き方を選べるようにするための改革」という理念に戻り、準備していきましょう。

埼玉県看護連盟は、今年も役員一丸となって働き続けられる職場づくりに取り組んでまいります。会員の皆様のご支援を心よりお願い申し上げます。

埼玉県看護連盟 会長 竹内 良子