ポリナビ(青年部)

ポリナビ(青年部)とは

ポリナビとは「Politic(政治) Navigators’(航海士) Network(他の人と関わりを持つ)」の略であり、 各都道府県看護連盟を母体として活動する、若手看護職中心で構成された組織です。これからの医療界・看護界を担っていくことが期待され、現在さまざまな現場で活躍しています。

★こちらから「日本看護連盟青年部から、いつも医療従事者を応援してくださる皆さまへのメッセージビデオ」をご覧いただけます

埼玉県看護連盟青年部の紹介

埼玉県看護連盟の青年部は現在11名で活動しています。毎月1回の会議を通して活発な意見交換を行い、様々な活動の企画運営をしています。メンバー同士は仲が良く、また日常では出会う機会がないこともあり、お互いに話し合うことで良い刺激となっています。
県内各地で行われている研修会「働き方を考えよう」では、青年部が地元議員や参加者と自然体で対話し、笑顔の多い効果的な研修会になっています。

出張ポリナビ

青年部が会員施設へ出向き、出張ポリナビを行っています。グループワークを通じて看護現場に必要な政策を考え、政治の必要性を知っていただくものです。最近では各支部からの依頼により研修を行う機会も増え、少しずつポリナビの知名度も広がったように感じます。

「第12回ポリナビワークショップinさいたま」について

日時
新型コロナウイルス感染防止のため、開催時期が未定です。決まり次第ホームページでお知らせいたします。
内容
基礎研修・青年部交流会
会場
大宮ルミネ(予定)