県連盟

【Zoomに変更いたします】リーダー研修Ⅰ「看護職の未来予想図:デジタル化への挑戦~あなたのスマホ 看護に役立ちます~」

(追記 2022.9.12) ZoomのミーティングID・パスコード・資料についてのご連絡は、講師都合により9/14(水)以降になります。大変お待たせしてしまい申し訳ございません。もうしばらくお待ちいただきますよう、お願い申し上げます。

※地域の感染状況に鑑み、Zoomでのオンライン研修に変更いたします。ZoomのミーティングID・パスコードは申込締切日以降にメールでお送りいたします。
※申し込み時の自動返信メールが届いていない方は、申込が完了していない場合があります。メールアドレスを変えて再度申し込みするか、連盟事務局までお問い合わせください

開催要項

日 時 2022年9月16日(金)13時30分~16時(Zoom入室13時~)
会 場 オンライン研修に変更【Zoom使用】

埼玉地域看護研修センター
(さいたま市中央区新中里3-3-8 北浦和駅西口より徒歩15分)
※車での来館はお控えください(研修生用の駐車場はありません)

目 的 看護職としてスマホなどを使いこなし、看護現場を活性化させる
対 象 埼玉県看護連盟支部役員、リーダー、施設連絡員など看護連盟会員であること
先着80名
講師 「デジタル化への挑戦 ~あなたのスマホ、看護に役立ちます~」
東京有明医療大学 看護部 教授 前田 樹海 氏
参加費 無料
申込方法 お申込みはこちら 受付終了しました
締切 2022年8月31日(水)

★感染防止に配慮した形で実施しますが、地域の感染状況によって変更する場合があります。

プログラム

時 間 内 容
13:25~ オリエンテーションおよびアンケートの説明
13:30~ 開会の挨拶
看護連盟 リーダーの役割について
埼玉県看護連盟  会長 多田 則子
13:45~ 講演「デジタル化への挑戦~あなたのスマホ 看護に役立ちます~」
東京有明医療大学看護学部
教授 前田 樹海 氏
16:00 終了

 

2022年度 埼玉県看護連盟研修計画

★日時・内容など変更する場合があります

日時 テーマ 講師 会場
2022年
4月10日(日)
10:00~
12:00     

※終了しました

看護協会・看護連盟共催研修
「看護職の未来予想図 ー専門職に相応しい処遇を考えようー」
基調講演
日本看護協会 会長 福井トシ子氏
ハイブリッド開催

Zoom
または
埼玉県看護協会研修センター 八木ホール

シンポジウム

座長:
日本看護協会 会長 福井トシ子氏

シンポジスト:
衆議院議員 牧原秀樹氏
参議院議員 石田まさひろ氏
前日本看護協会 参与(看護師・弁護士) 友納理緒氏

6月4日(土)
13:30~
16:30   

※終了しました

青年部主催
「第12回ポリナビワークショップ 『立ち上がろう未来へ』 ~看護の未来、みんなで変えませんか?~」
「看護の未来を変えるためには」
参議院議員 石田まさひろ氏     

講演後のグループワークでは自民党埼玉県連青年局、看護職市議会議員の方々にもご協力いただきます

ハイブリッド開催

Zoom
または
THE MARK GRAND HOTEL (旧ラフレさいたま)

9月16日(金)
13:30~
16:00

※終了しました

リーダー研修Ⅰ
「看護職の未来予想図:デジタル化への挑戦」
「看護職の未来予想図『あなたのスマホ、看護に役立ちます』」
東京有明医療大学 看護学部 教授 前田樹海氏
集合研修

埼玉地域看護研修センター(北浦和)

未定 プラチナナースの活動紹介 1.地方議員の看護体験
2.活動を会員に紹介する
各会場
2023年
2月17日(金)
13:30~
16:00
予定
リーダー研修Ⅱ
「看護職リーダーの仕事」
井部看護管理研究所 井部俊子氏 集合研修

埼玉県看護協会研修センター

埼玉県看護協会・埼玉県看護連盟共催研修研修「看護職の未来予想図」(集合+Webのハイブリッド研修)

開催要項

テーマ 看護職の未来予想図 ―専門職に相応しい処遇を考えようー
日 時 2022年4月10日(日)10:00~12:00
会 場 ハイブリット研修
Zoom 又は 埼玉県看護協会 八木ホール
目 的 コロナ禍への対応、少子高齢社会などで看護職への期待は高まり、政府も看護職が含まれる「公的価格の見直し」に着手している。看護職が自ら、専門職に相応しい処遇を考える機会とする
対 象 埼玉県内の看護職:看護協会会員・看護連盟会員・賛助会員・非会員
参加費 無料
申込方法 参加ご希望の方は埼玉県看護協会 研修申込サイト「マナブル」からお申し込みください。

マナブルをご利用になれない方は、このページ下部にある申し込みフォームからお申し込みください。
申し込み後に当日のZoom情報を自動返信いたします。 

※ご注意
docomo・G-mailのメールアドレスでお申し込みの方へ、自動返信メールが届かない事象が発生しています。お手数ですが「kango-saitama.jp」ドメインからのメール受信許可の設定をしていただくか、他のメールアドレスのご利用をお願いいたします。

 

申込を締め切りました

プログラム

時 間 内 容 講 師
9:50~ オリエンテーション
開会の挨拶
埼玉県看護協会 会長 松田  久美子
10:00~
12:00
1 基調講演 日本看護協会 会長 福井 トシ子 氏
2 シンポジウム
テーマ「専門職に相応しい処遇を考えよう」
■座長
日本看護協会 会長 福井 トシ子 氏               

■シンポジスト
衆議院議員 牧原 秀樹 氏
参議院議員 石田 昌宏 氏
前日本看護協会 参与(看護師・弁護士) 友納 理緒 氏

3 参加者との意見交換
閉会の挨拶 日本看護連盟  会長 大島 敏子
埼玉県看護連盟 会長 竹内 良子

 

チラシを印刷される方はこちら(PDF)

リーダー研修Ⅱ「2022年度 診療報酬改定」説明会 (オンライン研修)

※本研修会はZoomを使用するオンライン研修です
会員限定の研修会です。非会員の方は研修会までに正会員または賛助会員へお申込みいただくことで参加可能です。→入会案内ページはこちら

開催要項

日 時 2022年3月19日(土)13時30分~16時(Zoom入室13時~)
会 場 オンライン研修(Zoom使用)
目 的 診療報酬を正しく理解し、組織運営及び地域の看護活動に活用する
対 象 埼玉県看護連盟会員・賛助会員
参加費 無料
申込方法 申し込み受け付けは終了いたしました

プログラム

時 間 内 容 講 師
13:25~ オリエンテーションおよびアンケートの説明
挨拶
13:30~ 「2022年度 診療報酬改定」説明会
「看護職員の処遇改善の仕組み」(10月以降創設予定)等
参議院議員 石田まさひろ氏
10分 休憩
終了
16:00
質疑応答 参議院議員 石田まさひろ氏
チラシを印刷される方はこちら(PDF)

走っていいことしよう!医療従事者支援バーチャルラン「Let’s run and do the right thing!」

2020.12.23追記
医療従事者支援バーチャルランにご協力ありがとうございました。埼玉県には医療用ガウンが70枚届きました。このガウンは介護現場や障害者施設、訪問看護ステーションを中心に配布いたします。

「走っていいことしよう!」をコンセプトに、新型コロナ感染症の対応に日々頑張っている医療従事者を支援する企画が立ち上がりました。1エントリーごとに、参加者へ「Tシャツ」1枚、希望する都道府県看護連盟へ「医療用ガウン(キャップ付)」1枚以上(枚数選択式)が送られます。

★イベント公式ページ→https://www.sportsentry.ne.jp/event/t/83545
★公式Facebookはこちら→https://www.facebook.com/hasitte.iikoto

 

★参加方法★

 

STEP1 まず最初に「スポーツエントリー」にメンバー登録しましょう!

★メンバー登録ページ→https://www.sportsentry.ne.jp/register

登録方法は2通り
「Facebookアカウント」で登録(ログイン)
「メールアドレス」で登録 (メールアドレスをログインIDとして使います)

・メールアドレスを登録すると、スポーツエントリーから仮登録メールが届きます
・仮登録メールに記載されているURLをクリックして、24時間以内に本登録作業をおこなってください
・24時間以内に本登録を完了できなかった場合は、もう一度メールアドレスの登録からやり直してください

※登録方法がわからない場合、スポーツエントリーFAQ「ご利用ガイド『メンバー登録(無料会員登録)の流れ』」をご参照ください

スポーツエントリーにメンバー登録したら、ログインして次のステップに進みます

 

STEP2 バーチャルラン「Let’s run and the right thing!」に参加申込手続きをしましょう!

★参加申込ページ→https://www.sportsentry.ne.jp/entry/t/83545/j/1
★申込受付期間:2020年9月29日(火)~12月6日(日)締切延長
(申込前に公式ページの規約を確認してください)

1.メンバー登録 メンバー選択画面で参加者を選択して、次へ進みます

2.種目・オプション選択 種目 「フリーラン(2km以上) 3歳以上 参加料3,000円」を選択します
オプション 隔離服を追加で寄付する場合、追加を選択して枚数を決定します(合計100枚まで)
↓ 次の画面へ
申込情報 申込必要情報を入力・選択します
・メールアドレス
・Tシャツサイズ
・隔離服を寄付する都道府県
・未成年者は保護者氏名
・医療従事者へのメッセージ
クチコミ欄(任意) イベントを盛り上げるために、意気込みなどあればご記入ください(未記入可)
・ニックネーム
・カテゴリー選択
・タイトル
・内容

3.支払方法の選択 希望する支払方法を選択してください(決済時に利用料がかかります)
・ペイパル
・クレジットカード
・コンビニエンスストア
・楽天銀行・ジャパンネット銀行
・ペイジー

4.申込内容の確認 表示される申込内容に間違いがなければ、申込ボタンをクリックして入力完了です
誤りがある場合は戻って修正しましょう

5.お支払い ご入金が済むまで参加申込は完了していません

・クレジットカード決済を選択した方は、このまま決済画面に進みます
・その他の支払い方法を選択した方は、払込締切日までに入金してください
払込締切日までにご入金がないとキャンセル扱いになります

※ご不明な点がありましたら、スポーツエントリーFAQ「ご利用ガイド」内「エントリー手続きの流れ」や「参加料の支払い方法は?」「各お支払い手続きの詳細」をご参照ください

 

STEP3 スポーツエントリーより参加通知メールが届きます(11月下旬予定)

記録アップ用のURL等が記載されていますので、内容を確認してイベント開催時まで保存しておきましょう

 

STEP4 参加Tシャツが届きます(12月初旬予定)

大会コンセプトがプリントされた参加特典Tシャツが届きます
・2km以上の走行距離・記録を申請する際に、このTシャツを着た参加者のスナップ写真をアップロードすると、プレゼントに応募できます(賞品:ランニンググッズなど)
・記録とスナップ写真は何度でも申請できますが、プレゼント応募は1度のみです
・スナップ写真は公式Facebookページに掲載されますので、ぜひたくさんアップロードしてイベントを盛り上げてください!

 

STEP5 いよいよ開催期間!2km以上の好きなコースを走りましょう!

★開催期間:2020年12月12日(土)~1月3日(日)

2km以上であればコースは自由です。ケガや事故に注意し、楽しく走りましょう!

STEP6 走った記録を登録しましょう

★登録期限:1月3日(日) 23:59まで

走行記録は、期限までなら何度でも登録できます。たくさん走ってバーチャルランイベントを楽しんでください!

登録する項目
・走った日時
・走行距離
・走行タイム
・参加Tシャツを着用した参加者のスナップ写真
(写真をアップロードすることでプレゼントの応募が完了となります)

 

ご支援いただきました

e・ライフサポート株式会社より 2020.8

e・ライフサポート株式会社より、「非接触型温度計」をいただきました。会議や研修時に活用させていただきます。ご支援いただきましたこと、心より感謝申し上げます。

東洋羽毛北関東販売株式会社埼玉営業所より 2020.7

東洋羽毛北関東販売株式会社埼玉営業所より、「携帯用エールウェット除菌タイプ」600個をいただきました。
ご支援いただきましたこと、心より感謝申し上げます。

クラウドファンディング「応援Tシャツを着て、医療従事者の方々を応援しよう!」

2020.8.3 クラウドファンディングによる医療用ガウン送付のお知らせ

クラウドファンディング「応援Tシャツを着て、医療従事者の方々を応援しよう!」では、皆さまのご協力により240枚の上質な医療用ガウン(隔離服)が埼玉県看護連盟へ届けられました。
ご賛同いただいた皆さまのお気持ちを添えて、少量ずつではありますが、7/2~7/30の間に病院3施設、特別養護老人ホーム2施設、介護老人保健施設3施設、訪問看護ステーション8か所、障害者施設3か所にガウンを送付いたしました。
皆さまのクラウドファンディングへのご賛同、心より感謝申し上げます。

2020.6.26 クラウドファンディング「応援Tシャツを着て、医療従事者の方々を応援しよう!」終了しました

クラウドファンディング企画は6/26で終了いたしました。多くの皆さまのご支援によって、医療用ガウンを埼玉県看護連盟にご寄付いただけることになりました。
埼玉県看護連盟では、感染状況を考慮し、衛生材料の不足している埼玉県内の訪問看護ステーションや介護施設などに医療用ガウンをお届けする予定です。
多くの皆さまのご協力に、心より感謝申し上げます。

スローガンが新しくなりました!

日本看護連盟では、創立60周年を機にスローガンを一新いたしました。会員の皆さまからお寄せいただいた案をもとに作られたものです。

「届けよう看護の声を!私たちの未来へ」

日本看護連盟は
看護が抱える問題を本質から探り
政治を動かし
よりよい社会をつくります
目指すのは
看護の力で健康な社会
そのために必要なことは何なのか?
答えはいつも 現場にあります
あなたの声が力になります
心をひとつに いま届けよう
明るい看護の未来のために
明るい日本の未来のために

スローガン紹介ムービーをぜひご覧ください。

新たなポスターも2種類作成いたしました。画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

Clap for Carers ~10万人の子どもたちから「ありがとう」の拍手を届けます~

2020年6月15日(月)、さいたま市内すべての市立学校の児童・生徒約10万人が一斉に、新型コロナウイルス感染症の対応に当たっている医療従事者に感謝の拍手をおくりました。
また、4つの学校と8つの医療機関がテレビ会議システムで繋げられ、学校からは児童の代表より謝意の言葉が届けられました。医療機関からは病院長や感染管理を担う看護師より、拍手への感謝と皆さんの学校生活を応援しているとのメッセージがおくられました。
写真は、当日のさいたま市内の小学校と病院の様子です。